インターネットラジオで甦る、定期演奏会の音色

S50卒の古屋爲久さんが、現役時代の演奏会の音源を”OTTAVA”というインターネットラジオにエントリーし、
『BRAVO BRASS』という番組で放送されることとなりました。
41年前の貴重な録音ですので、ぜひ応援部三田会や現役の皆さんにもお聴きいただきたく、ご紹介致します。


【放送予定】(両日とも、時間は18から21時の間です。)

■2月23日(火) 東京六大学 第1回合同演奏会より 「音楽祭のプレリュード(アルフレッド・リード作曲)」

3月1日(火) 慶應義塾大学応援指導部吹奏楽団 第24回定期演奏会より 「ザ・シンフォニアンズ(クリフトン・ウイリアムズ作曲)」


《インターネットラジオ”OTTAVA”について》
聴きottavalogo方ガイド: ?http://ottava.jp/news/howto.html

  • PCサイト: http://ottava.jp/
  • ハイレゾ配信: 「PrimeSeat(プライムシート)」(http://primeseat.net/ja/)にてソフトをダウンロードすると無料で視聴できます(Mac/Windows対応)。
  • ニコニコ動画(ハイレゾ・有料): OTTAVAチャンネルに入会すると視聴できます。
  • YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=uCoZpzJ3rmQ (4時間前まで遡れます。)

大学時代の音源がありましたので”OTTAVA”というインターネットラジオの『BRAVO BRASS』という番組に楽曲2曲エントリーしました。
1曲は、慶應義塾大学応援指導部吹奏楽団第24回定期演奏会の演奏です。
1974年と言うことで、当時は予算がなくカセットテープのモノラル録音で音が凄く悪いです。勿論演奏も拙いですが。
曲はザ・シンフォニアンズ(クリフトン・ウ イリアムズ作曲)。
スネアが私です。デュエットしたピッコロの友人は他界しています。哀しいですが思い出といっしょにいつも一緒です。

もう1曲は、その年東京六大学吹奏楽団を立ち上げた時の演奏です。
所謂六大学選抜バンドでしたが、これは会場の吊りマイクでステレオ録音ですがやはり音悪いですね。
ここでは1stクラ を吹いていました。
曲は、音楽祭のプレリュード(アルフレッド・リード作曲)。1970年のコンクールの課題曲です。

テープ音源をデジタル変換しました。この音源はマスターテープをダビングしたものです。マスターテープはおそらく現存していないと思います。
どちらの演奏会もすべての曲が録音されていますが、ともに第一曲目の楽曲です。
二つのパートを経験できたこの年は人生での貴重な瞬間でした。

とにかく忙しい毎日で、大学卒業したのか吹奏楽団を卒業したのかわからない状態でした。
六大学野球はじめ様々な競技で演奏していました。団費捻出のため稼いだりもしていました(スタジオやら夏休み中の都市対抗野球やら競馬場やら)。
そして初めての選抜吹奏楽団(現在の六大学合同演奏会)をこなし、年末の定期演奏会。コンクール出場などはまだまだ夢物語でした。
日頃の学生生活は、週末は応援、夜は練習、昼は授業で4年間過ごしました。いや7年間です(志木高から活動をしていましたので)。
卒業後、アマチュアオーケストラ(山梨交響楽団)で2ndクラリネットを吹いていました。
他にアンサンブル(HANS木管五重奏団)と活動しましたが、現在はアーティキュレーションとフレージング(息が続かない)に限界を感じてリタイヤ、リコーダーを吹いています。
41年前の思い出です。

T.N.Furuya


Posted in お知らせ by kouhou. No Comments

自尊通信 第69号番外編

こんにちは。H15C卒の大森です。
自尊通信の発行を担当させていただいております。
皆さん、今号の自尊通信はお手元に届きましたでしょうか?

『デキゴトロジー 会員の近況報告』に登場いただいたH23L卒の喜納くんからの原稿には、掲載し切れなかったおまけがありました。
番外編としてこちらでご紹介させていただきます。

———————————————-
だるま「だーるまさんが転んだ」の『だるま』はどこから来たのかご存知でしょうか??
わかった人はインドで即戦力間違いなし!今すぐインドで働けます(笑)
正解はズバリKancheepuram(南インド、タミナール・ドゥ州の州都チェンナイから車で2時間の所)。
だるまのモデルとなった人物は菩提達磨(ボディダルマ)という人物で、中国で活躍した仏僧です。
ここチェンナイでは、悟りを啓き医学・武術に長け、疫病で苦しむ中国の人々を救った人として、また、日本では禅僧の祖師としても有名です。
中国においてはカンフーを初めとした武術を広めた人物としても知られており、
空手(中国武術の影響を受け、かつては唐手とも呼んだ)の発祥地、沖縄出身である私としては、
チェンナイと沖縄が繋がったエピソードでもありました。
(沖縄のお菓子「サーターアンダギー」もまったく同じ形と味で売ってます!)


Posted in 会員の近況報告 by kouhou. 1 Comment

10月3日(土)日吉フェスタのお知らせ

logo
日吉でお御輿を一緒に担ぎませんか!

昭和48年リーダー天野研一です。

10月3日土曜日に日吉キャンパスに於きまして慶應義塾日吉エイジと日吉町会皆様との共催イベントである日吉フェスタが開催されます。
同イベントで自分が主宰致しております三田会の應義会が必勝御輿パレードを執り行うことになりました。
パレードのコースは、銀杏並木?日吉駅広場?日吉商店街の往復です。
スタートは2:00PM,ゴールは3:30PMの予定です(小雨決行)。
日吉キャンパス開校以来初めての記念すべき御輿パレードであります。
応援部三田会会員皆様の担ぎ手を募集致しております。担がなくても御輿周辺で盛り上げて頂くだけでも歓迎です。
應義會必勝御輿
ご参加の方は、天野または野口公二氏までご一報下さい。
天野研一 amano@nippon-petro.com
野口公二(S55卒L) noguchi@fies.co.jp


Posted in イベント by kouhou. No Comments

第11回ファミリーフェスティバル2015のご案内

実行委員長の新井博子(H2B)です。
8月4日に第4回目の打ち合わせを三田のペナントで行いました。
就活真っ盛りの時期にもかかわらず堤主将にも参加いただき、現役とのつながりも確認できた有意義な会でした。

DSC_0141

ファミリーフェスティバルは、懐かしいOB、同期、現役とも交流できる三年に一度のカジュアルな大同窓会です。
当日来場者限定配布の小冊子は充実した企画内容、見逃せないお宝写真満載で盛り上がっています。
お子様にはちびっこリーダー・チア体験、さらに特別記念品を用意しています。
懐かしい応援歌、今の神宮が分かる慶應チャンスパターンステージなど、皆様に楽しんで頂けるよう準備中です。
ご家族、または同期の皆様とお誘い合わせのうえ、ぜひご出席ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
日時:2015年9月19日(土)15時開場 15時半開演
場所:日吉キャンパス食堂棟二階「グリーンマルシェ」
会費:4,000円(ただしH15卒以降は3,000円)、夫婦で6,000円、高校生以下無料

まだまだ暑さが厳しいと思います。現役も含め、スーパークールビズでの参加をお願いします。
参加お申込みはこちらから→お申込フォーム
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【募集中】
◎「OBOGバンド」
当日の演奏者大募集です。
現役と一緒に懐かしい応援歌、新しい応援曲を演奏しませんか?
楽器がなくても大丈夫です。全パート大募集。
S57岡田晃明さん、またはH2新井博子まで。
e-mail:hiarai@zam.att.ne.jp

◎「アーカイブ展」
これは、という應援指導部で使用した各種ツール、思い出の品々はございませんでしょうか?
当日のアーカイブ企画でお借りしたいので、H2花咲宏基君までご連絡ください。
e-mail:hiroki87@mekiki.ne.jp


Posted in お知らせ イベント by kouhou. 2 Comments

昨秋の覇者明治から勝ち点を奪取!

去る4月25日(土)、26日(日)、27日(月)に東京六大学野球春季リーグ戦第三週が行われ、塾野球部は、対明大戦で2勝1敗とし、昨秋の覇者明治から勝ち点を奪取しました。

 

■慶明第一回戦(4/25)

 明 000 100 004 5

 慶 000 170 00X 8

(明)●柳、齊藤、水野、星―坂本

(慶)○加藤拓、小原大―小笠原

 

加藤拓(政3、慶應義塾)は3回まで安打を許さない上々の立ち上がりを見せる。一方の打線も沈黙し、無得点で3回を終える。4回表、加藤拓は2死一塁の場面でこの日打たれた初安打が適時二塁打となり、先制を許してしまう。しかし、その裏、一死から打席に入った主将・横尾(総4、日大三)がレフトスタンドへ同点本塁打を放って直ぐさま同点に追い付く。さらに5回裏、先頭の梅野(環4、福岡大大濠)が四球で出塁すると、すかさず盗塁、山本泰(環4、慶應義塾)も四球を選ぶと、続く北村(商4、丸亀)の犠打は相手の失策を誘い、無死満塁のチャンスを作る。ここで谷田(商4、慶應義塾)がセンターオーバーの適時二塁打を放ち、走者一掃で3点を追加。さらに横尾の適時打、沓掛(商3、慶應義塾)の安打でチャンスを作ると、梅野に適時三塁打が飛び出し、一挙7得点のビッグイニング。

1と大量援護をもらった加藤拓は8回まで危なげなく抑える。ところが9回表、先頭に四球を許すと、続く打者に二塁打を打たれ、その後も暴投、四球、適時打で2点を失い、さらに四球を与えて無死満塁のピンチを作ってしまう。ここで大久保監督は今季初登板の小原大樹(環3、花巻東)へスイッチ。いきなり暴投で4点目を献上し、さらに四球を与え再度無死満塁としたが、内野ゴロの間に1点を許すも最後の打者をレフトフライに仕留め試合終了。大久保新監督、横尾新主将の新体制で臨んだ塾野球部の神宮初勝利となった。

 

■慶明第二回戦(4/26)

 慶 000 000 000 0

 明 000 106 00X 7

(慶)●三宮、加嶋、亀井―小笠原、須藤

(明)○上原、水野、星―坂本

 

この日の先発は三宮(商4、慶應義塾)。試合が動いたのは4回裏。3回まで無安打に抑えていた三宮だったが、先頭打者にレフト線を破る二塁打を浴びると、犠打で1死三塁とされる。続く打者の二遊間を襲う強烈な打球をショートの山本泰が好捕。先制点こそ許したが、何とか最少失点に抑える。ところが6回裏、それまで安定していた三宮が突如崩れ、連打で1点を失うと、その後も連続四球を与える等して2死満塁とし、押し出しでさらに1点を失い、続く打者に満塁本塁打を浴び、この回まさかの6失点。

反撃したい打線であったが、6回以降は明大投手陣の前に無安打に封じられ、結局試合は07のまま終了。悔しい完封負けとなった。

 

■慶明第三回戦(4/27)

 明 000 000 100 1

 慶 000 002 00X 2

(明)●柳、星―坂本

(慶)小原大、三宮、○加藤拓―小笠原

 

絶対に負けられない一戦、大久保監督は小原大を神宮初先発のマウンドに送る。1回表、いきなり無死一、二塁のピンチを招く。続く打者を併殺打に仕留めた後も、連続四球で2死満塁としてしまうが、最後は空振り三振に抑え、なんとか無失点で初回を終える。2回表も1死から連打で一、二塁とされ、3回表も1死から四球、二塁打で二、三塁とされるが、どちらの回も走者を背負ってから粘りを見せて、得点は与えなかった。一方の打線もチャンスは作るものの、あと1本が出ず、3回まで両チーム無得点で終える。

4回表からは第2戦で先発した三宮がマウンドへあがった。前日は7失点を喫したが、この日は要所を締める投球で5回途中まで無失点に抑える。そして、5回裏2死二塁の場面で加藤拓が登板。6回まで得点を許さない。

この日の先制点を挙げたのは主将・横尾。6回裏、四球で出た谷田を一塁に置き、横尾が放った打球はきれいな放物線を描いてレフトスタンド中段へ。第一戦に続く、値千金の先制2点本塁打となった。

直後の7回表、加藤拓は四球と暴投で1死三塁とされると、適時打を浴びて直ぐさま1点差とされてしまう。続く打者にも四球を与えてしまうが、後続を空振り三振、サードゴロに打ち取り同点のピンチを切り抜ける。8回表は三者凡退に封じ、9回表は先頭打者に安打を許し、犠打で1死二塁とされるも、後続を打ち取って試合終了。2対1で逃げ切り、明大から苦しみながらも勝ち点を奪った。

 

昨秋の覇者である明大に1敗を挟んで2勝し、勝ち点1とした塾野球部。続く東大戦でも勝利し、2季ぶり35回目の優勝に向かって諦めずに進んでいって欲しいと思います。

 


Posted in 未分類 by kouhou. 1 Comment

法政に連敗で勝ち点を落とす…

去る4月11日(土)、12日(日)に今年で90周年を迎える東京六大学野球の春季リーグ戦が開幕し、大久保新監督、横尾新主将の新体制で臨んだ塾野球部は、対法大戦を2連敗して悔しい黒星スタートとなりました。

 

■慶法第一回戦(4/11)

法 000 100 000 1

慶 000 000 000 0

(法)○森田、川名ー中村

(慶)●加藤拓、加嶋ー須藤

 

開幕投手は加藤拓(政3、慶應義塾)。今季から背番号18を着けるエースが初回から150キロ台を連発して無失点に抑える。対する法大の開幕投手は昨夏の甲子園を沸かせた富山商業高校のエース森田。先頭の山本泰(環4、慶應義塾)が内野安打で出塁すると、梅野(環4、福岡大大濠)が送り、続く3番・谷田(商4、慶應義塾)は死球、1死一、二塁のチャンスに4番・横尾主将(総4、日大三)を迎えるが空振り三振。続く齋藤(商3、慶應義塾)が四球を選び満塁とするも、後続が続かず先制機を逸した。

2回以降は森田が立ち直り、加藤拓も法大打線に的を絞らせない。しかし4回表、2死後、3者連続四死球を与え2死満塁のピンチを迎え、ライト前ヒットで先制点を与えてしまう。

4回裏、初の開幕スタメンとなった沓掛(商3、慶應義塾)がセンター前ヒットを放つと、北村(商4、丸亀)もレフト前ヒットを放ち、須藤(環3、創志学園)が四球で再び満塁のチャンスを作るも、加藤拓は空振り三振。

5回以降、加藤拓は何とか無失点に抑えて7回1失点で降板すると、8回表から登板した加嶋(商4、慶應志木)も打者6人を完璧に抑えた。しかし、打線が投手陣を援護することができず、大久保監督の初陣を勝利で飾ることはできなかった。

 

■慶法第二回戦(4/12)

慶 000 200 001  3

法 000 010 003X 4

(慶)三宮、●加嶋ー小笠原

(法)熊谷、青木勇、玉熊、谷川、○宮本幸ー中村

 

初回、1死から梅野が出塁、横尾の死球で2死一、二塁と先制のチャンスを作るも齋藤がセカンドゴロに倒れて無得点。先発は昨秋4勝を挙げた三宮(商4、慶應義塾)。初回先頭から2者連続の空振り三振、2死から四球を許すが後続を抑えて上々の立ち上がりを見せる。すると4回表、横尾の四球、齋藤のレフト前ヒットで無死一、二塁とすると、初球の暴投で二、三塁、沓掛が右中間へ2点適時三塁打を放ち、先制に成功する。

三宮は緩急を生かし4回までリズムよく好投したが、5回裏、左中間への二塁打、犠打で1死三塁とピンチを迎えると、スクイズを決められ1点を失う。しかし、その後は3イニング連続で三者凡退、8回まで2安打1失点と完投する。

打線は9回、先頭・北村が出塁すると、小笠原(環4、智辯和歌山)への死球で無死一、二塁。打席が三宮に回ったところで代打・山口(環3、桐光学園)を送る。しかし山口、山本と連続三振に倒れて2死。しかし続く梅野が右翼線への適時二塁打を放ち、3?1と2点差に広げる。

9回裏は加嶋が登板、先頭にライト前ヒットを許すと、ボークで無死二塁とするも、その後をサードゴロに抑えて1死。しかし、連続四球を与えて1死満塁とすると、ライト前へ運ばれ右翼手・谷田が痛恨のエラー。3人の走者が生還して悔しいサヨナラ負けとなった。

 

「春秋連覇」を掲げて臨んだ今シーズン、塾野球部はいきなり初戦でつまずいてしまいましたが、加藤拓、三宮の好投や守備でのファインプレーも見られました。開幕戦に勝利することはできませんでしたが、次戦では強力打線を爆発させ、明治から勝ち点を上げてもらいたいと思います。


Posted in 未分類 by kouhou. No Comments

ちゃんこの会 春の陣 開催

去る3月26日(木)に「ちゃんこの会(現役リーダー部員とリーダー部OBとの交流会)」春の陣を六本木・比呂で現役9名、OB9名の計18名にご出席いただいて実施しましたので、ご報告いたします。

 

「ちゃんこの会」はリーダー部OBの方々がお腹を空かせている下宿生のリーダー部下級生に、ちゃんこ鍋を食べさせるために始めた会で、現役リーダー部員が比較的年代が近いOBにほとんど会ったことがないという現状から一昨年復活させたものです。

 

現役部員は、3/16(月)から20(金)の4泊5日の春合宿を無事に終了し、逞しくなった姿を見せてくれました。そして、これから迎えるオリエンテーションで多くの新人を獲得することを決意しておりました(既に新入部員は10名を超えている?!)。

 

また、リーダー部OBの皆さまからいただいた差し入れに関しましては、春合宿を乗り切るのに大変役立ったと、皆一様に感謝をしておりました。ありがとうございました。

 

年度末、期末ということもあってOBの参加は少なめだったものの、現役部員とOBとの会話は、部の昔話やら単位の話、就職の話までと幅広い内容だったと思いますが、どれも他愛のない話ではあるものの、お互いの存在を近く感じられる会になったかと思います。2年生は全員が未成年でしたので、彼等だけしらふでの参加となりましたが、次の会には成人していることでしょう。

 

春季リーグ戦も始まりましたので、是非、神宮球場にも足をお運びいただき、現役部員を激励していただければと思います。

 

なお、次回の「ちゃんこの会」は夏合宿終了後、秋季リーグ戦前を予定しております。リーダー部OBの方々に於かれましては、このような機会で現役リーダー部員の活動状況を知っていただき、様々な面から更なるご支援を頂戴できればと思っております。是非、次回以降、ご参加いただければ幸いです。

 

今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

出席者(敬称略)

現役部員 幹部:堤、3年:井上、高橋慶、田中、初谷、廣谷、2年:高橋真、羽鳥、星野

OB H2竹中、H7須田、H8大山、山上、H11中根、H17常陸、H19隅原、H20一之瀬、H25小山(会費ご支援:H3東)


Posted in 未分類 by kouhou. No Comments

新入会員歓迎会開催

去る3月24日、応援部三田会新入会員歓迎会が、三田山食にて開催されました。当日は平日にも拘らず、新入会員13名を含む、総勢64名の方々にご参加いただきました。

 

会は、村林会長、山内部長、岩波顧問の挨拶、後藤先輩(S32)による乾杯に始まり、山崎前監督(S51)の挨拶、木島新監督(S59)の挨拶、新入会員の自己紹介があり、その後、清水副会長から新入会員へ激励の言葉を頂きました。最後は、新会務委員を代表して松井先輩(H2)の指揮による慶應讃歌三番を全員で斉唱し、お開きとなりました。新入会員が、応援部三田会の発展に大いに寄与してくれることを期待しております。

 

参加者(敬称略)

山内部長、岩波顧問、S32後藤、S33渡邊、S37奥村、S43鬼頭、嶽肩、藤澤、S44吉田、S46高崎、S48松田、S49武藤、S51村林、山崎、村田、S52伊藤、清水、S53池上、下田、田中、堀田、平、S54井上、S55野口、S57岡田、S58増田、S59加藤、村石、小池、木島、S60林、栗山、大久保、鈴木、H1西山、中村、木村、H2松井、竹中、丸山、新井、川口、H13中谷、H16後藤、H18志野、H23愛知、H25小山、H26浅野、片柳、松本、高橋、H27阿萬、山口、小原、後藤、柴山、野口、塩澤、塩野、本田、大塚、大濱、中路、高田

 


Posted in 未分類 by kouhou. No Comments

新入会員歓迎会開催のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 平素より応援部三田会の活動にご理解・ご協力を賜り、ありがとうございます。

 本年度の新入会員歓迎会を下記の通り開催しますのでご案内申し上げます。敬具

 

              記 

 

1 日時:2015年3月24日(火)19時より

2 場所:三田キャンパス内 山食

3 会費:5,000円

 

昨年12月に卒部し、晴れて応援部三田会の新会員となりましたH27年卒のメンバーを招待し、記念品のエンブレムの贈呈を行い和やかに歓談するカジュアルな会です。ぜひたくさんの会員の皆さまのご出席をお願いいたします。

 

お願い:ご出席者の方は3月13日(金)までに会務宛返信お願いします。

(申込先:Eメール)ouenbumitakai@gmail.com

(問い合わせ窓口) 会務 松井邦彦

 

以上、よろしくお願いいたします。

 


Posted in 未分類 by kouhou. 8 Comments

東京六大学野球春季リーグ戦の日程について

東京六大学野球春季リーグ戦の日程が発表されました。

塾野球部には横尾新主将の下、昨春に続く35回目の優勝に向けて頑張って欲しいと思います。

 

今年2015年で、東京六大学野球連盟は結成90周年を迎えるそうです。今年の春秋リーグ戦で各大学はユニフォームの右袖に90周年のマークを付けて臨むということなので、注目してみてください。

 

[第1週]

 4/11(土) 東大明大 法大慶大

 4/12(日) 慶大法大 明大東大

[第2週]

 4/18(土)東大早大 立大法大

 4/19(日)法大立大 早大東大

[第3週]

 4/25(土)明大慶大 早大立大

 4/26(日)立大早大 慶大明大

[第4週]

 5/2(土) 明大法大 東大慶大

 5/3(日) 慶大東大 法大明大

[第5週]

 5/9(土)  早大法大 立大東大

 5/10(日) 東大立大 法大早大

[第6週]

 5/16(土) 明大早大 立大慶大

 5/17(日) 慶大立大 早大明大

[第7週]

 5/23(土) 明大立大 東大法大

 5/24(日) 法大東大 立大明大

[第8週]

 5/30(土) 慶大早大

 5/31(日) 早大慶大

 

頭字校が先攻三塁側(早慶戦は早大一塁側、慶大三塁側)

*プロ野球併用日

 

http://www.big6.gr.jp/game/league/2015s/2015s_schedule.html

 

?


Posted in 未分類 by kouhou. 1 Comment