平成18年夏合宿に参加して

                   吹奏楽団コーチ 木下秀幸52政B
今年の夏合宿は8月9日から17日まで福島県会津田島のスキー場で行われました。ホテルは周りを樹木・草原に囲まれた一軒宿でしたので、近所の住民に気 遣うことなく練習に取組めたと思います。東京から電車・車で5時間以上かかる遠い場所でしたが、お盆の帰省ラッシュにもかかわらず若いOB・OGが大勢参 加して大盛況でした。
吹奏楽団の夏合宿に向けた練習は、前期試験終了後の日吉での強化訓練から始まり、練習目標・課題をしっかり持って合宿に入りました。
私が参加した12日はドリル練習日で、チアリーディング部を加えて定演のオープニング練習を続けた後、夏合宿成果発表曲「勇者(YUH-JA)」「夢見 る少女じゃいられない」「どんな時も」のフォーメーションを繰り返し練習しました。日吉より涼しいとは言え、練習場の体育館は蒸し暑く、1年生が始めて取 組むフォーメーション練習に懸命について行く姿が印象的でした。
翌13日の中日のレクリエーションには、現役監督指導委員会のメンバー・若手OB・OGも参加し、ドッチボール、綱引き、すいか割りなど笑いの絶えない楽しい一日を過ごし、現役部員と交流を深めることができました。
吹奏楽団は70名弱の人数で、大学から楽器を始めた部員も多くいますが、初心者は意欲的に練習し、その上達振りには目を見張ります。私達の時代と比べ、練 習時間は長く演奏技量も向上していますが、一生懸命に練習に取組む姿勢は変わらず継承されています。是非、OB・OGの皆様には、秋季リーグ戦、慶早戦、 12月の定期演奏会(12月3日 渋谷公会堂)に足を運んで頂き、部員の熱い演奏を聴いて頂きたいと思います。


Leave a Comment