オール早慶戦佐賀

伊藤晋一(52政L)8月24日土曜日、早慶戦110周年を記念して、大隈重信公生誕の地、佐賀市のみどりの森県営球場でOBやファン約7000人が詰めかけて開催されました。
午後からあいにくの雨で、それも持っていった折りたたみ傘では役にたたず、大きな傘をホテルで借りて、球場に向かうほどの雨量でした。
ところが関係者の熱意が天に通じ、17時頃雨が止み、水浸しのグランドでは、地元の高校球児がぞうきんとバケツを使ってグランド整備をしてくれました。
予定より約1時間遅れて18:25にプレーボールとなり、試合は慶應が先制すると早稲田が追いつくというシーソーゲームが展開されましたが、5回裏早稲田
が4点を取って、3×8とリードされそのままスコアは動きませんでした。
21時頃、8回表からまたしても無情の雨が降ってきて、楽器演奏のない声だけの応援となり、野球の一投一打がスタンドから聞こえるある意味「野球の原点」
を感じました。
試合は21:45に終了し、最後に『秋は優勝!慶應!』を全員でコールして球場を後にしました。
山内部長、山崎監督はじめ現役のみなさん本当にお疲れ様でした。
当日参加いただいたOBは次のとおりです(敬称略)
藤本(50) 村田 澤田 細川(51) 石橋 清水 伊藤(52) 山内(53) 岡田(57)


Leave a Comment