東大戦、完封リレーにノーヒット・ノーランで首位!!

去る10月6日(日)、7日(月)に東京六大学野球秋季リーグ戦第4週が行われ、塾野球部は対東大戦を2連勝で飾り、勝ち点3で首位に立ちました。

 

■慶東第一回戦(10/6)

慶 001 000 000 1

東 000 000 000 0

(慶)○加藤、白村ー小笠原

(東)●白砂、出田ー笠原

 

先発マウンドは今季先発で抜群の安定感を誇る1年生右腕・加藤(政1、慶應義塾)。1回裏に連打で一、三塁のピンチを迎えるが、後続を三振に取ってピンチを脱する。一方の打線は3回表、二死から4番・谷田(商2、慶應義塾、写真)が左中間を深々と破る二塁打を放ち、5番・横尾(総2、日大三)が強烈なセンター前ヒットを放ち、貴重な先制点を奪う。

その後、加藤は本調子とはいかないまでも、キャッチャー・小笠原(環2、智辯和歌山)にうまくリードされ、レフト・荒川(商4、慶應義塾)の本塁刺殺等の好守備にも助けられて無失点に抑えるものの、6回裏に死球と犠打で一死二塁の場面を迎えたところでエース・白村(商4、慶應義塾)に後を託す。白村はこの回を三塁走者の挟殺、三振で無失点に抑え、9回裏も二死からヒットを許したものの三者三振で締め、完封リレーで先勝した。

 

■慶東第二回戦(10/7)

東 000 000 000 0

慶 300 020 00X 5

(東)●辰亥、関?笠原

(慶)○加嶋?小笠原

 

二回戦は2年生左腕・加嶋(商2、慶應志木、写真)が先発し、1回表を三者三振に仕留める立ち上がり。打線は1回裏、渡邊暁(商4、慶應義塾)、山本泰(環2、慶應義塾)がエラーと四球で出塁し、無死一、二塁と先制のチャンスに打撃好調の4番・谷田が放った打球は右中間へと伸びていき、今季チーム第1号となる3ランホームランとなった!

加嶋は4回まで三者凡退に封じ込めると、打線は5回裏、先頭の主将・堀野(理4、掛川西)の四球、渡邊暁のヒットで無死二、三塁とし、山本泰、松本大(環4、桐光学園)の犠牲フライで2者が生還、5ー0とリードを広げた。

援護をもらった加嶋は安定感抜群の投球で7回表まで一人の出塁も許さないパーフェクトピッチング。8回表に惜しくもフルカウントから四球を与えたが、そのランナーも盗塁死に仕留めると、後続を2者連続三振とし、最終回もセンターフライ、ライトフライで二死とすると、ラストバッターをこの日11個目となる三振に切って取り、リーグ史上23人目となるノーヒット・ノーランを達成して東京六大学野球の歴史に名を刻んだ。

 


Leave a Comment