惜敗で立教に勝ち点を奪われる…

去る9月27日(土)、28日(日)に東京六大学野球秋季リーグ戦第3週が行われ、塾野球部は対立大戦で惜しくも敗れ、勝ち点を落としてしまいました。

 

■慶立第一回戦(9/27)

慶 000 001 000 1

立 101 110 00X 4

(慶)●加藤拓、佐伯、亀井ー小笠原

(立)○澤田圭ー鈴木

 

春季リーグ戦で唯一勝ち点を落とした立教との戦い。先発の加藤拓(政2、慶應義塾)は1回裏、四球後の適時二塁打であっさり先制を許すと、3裏回にも再び四球後の適時二塁打で追加点を奪われる。4回裏には本塁打を左翼席へ運ばれ、5回裏にも二塁打の後に適時打を打たれ、5回4失点でマウンドを降りた。

一方の打線は6回表、山本泰(環3、慶應義塾)が放った強烈なライナーはレフトの頭上を越え、そのままフェンスに直撃すると打球はセンター方向へ跳ね返り、左中間を転々とする。このボールの処理に外野手が手間取る間に山本泰は一気に二塁、三塁を蹴って、ホームへ。キャッチャーのタッチも絶妙なヘッドスライディングでかいくぐり、ランニングホームラン!

6回裏は佐伯(商4、慶應義塾)、7回裏からは神宮初登板の亀井(商1、慶應義塾、写真)がそれぞれ0に抑えるも、打線は沈黙。1?4からスコアは動かなかった。

 

■慶立第二回戦(9/28)

立 020 400 000 6

慶 000 300 000 3

(立)○藤田、川端、小林昌ー鈴木

(慶)●三宮、瀧本、石崎、佐伯、明、加藤拓ー小笠原

 

東大戦のリベンジで登板した三宮は(商3、慶應義塾)、1回表を抑えるも、2回表にはヒットとエラーで無死一,三塁のピンチを招くと、内野安打で1点を先制される。その後も制球が乱れて1点を追加される。すると、?多助監督が三宮を3回で見切りをつけ、代打を送る。4回表、三宮から交代した瀧本(商4、慶應義塾)はヒットと盗塁の後、適時打を打たれてあっさり追加点を許す。さらに交代した石崎(総4、平塚江南)もこの流れを止めることができず、結局打者一巡の猛攻で一挙4点を追加されてしまう。

4回裏、2番:山本泰、3番:谷田(商3、慶應義塾)が共に四球を選ぶと、打席には4番:横尾(総3、日大三、写真)。横尾がフルスイングした打球はそのまま左中間スタンドへ! 3点本塁打で3点差となる。

5回表以降、佐伯、明(政4、慶應義塾)の4年生投手を次々に投入して何とか抑え、味方の援護を待ち続けるが、立教の巧みな継投策に打線は沈黙。8回表からは加藤拓を登板させるも、反撃できず。二連敗で勝ち点1を失った。

 

立大から勝ち点を落としたものの、今季の戦いはまだ始まったばかりです。この敗戦を糧に、法政、明治、早稲田を倒して優勝できるよう頑張って欲しいと思います。

 


Leave a Comment