連覇を逃すも、慶早戦で一矢を報いる

去る11月2日(日)、3日(月祝)、4日(火)に東京六大学野球秋季リーグ戦最終戦である慶早戦が行われ、塾野球部は早稲田に勝ち点を奪われ、最終的に4位でリーグ戦を終えました。

 

■慶早第一回戦(11/2)

慶 100 010 001 3

早 100 101 10X 4

(慶)●加藤拓、三宮ー小笠原

(早)大竹、竹内、○有原ー土屋

 

負けられない一戦の先はエース・加藤拓(政2、慶應義塾)。塾野球部は初回、2死から谷田(商3、慶應義塾)がセンター前ヒットを放つと、4番・横尾(総3、日大三、写真)の打席で暴投により走者が二塁に進んだ後、ライト前ヒットで谷田がホームイン。幸先よく先制した。だが、その裏、加藤拓が安打と四球の後に適時打を打たれて追い付かれてしまう。4回裏には二塁打の後、ライト前へ運ばれ、勝ち越しを許してしまうが、その次の5回表、山本泰(環3、慶應義塾)が死球で出塁すると、横尾が左中間を破る適時二塁打を放ってすかさず同点に追い付く。

しかし、加藤拓の投球がピリッとせず、6回裏に二塁打、内野安打で2死一、三塁のピンチでレフト前ヒットを打たれて再び勝ち越しを許すと、7回裏、四球、犠打、レフト前ヒットで2死一、三塁とされると、ピッチャーゴロを加藤拓が悪送球、1点を追加される。

一方の打線は9回表、先頭の齋藤(商2、慶應義塾)が2ストライクから変化球を振り抜くと、打球はぐんぐんと伸びライトスタンドへと突き刺ささるソロホームランとなる。さらに小笠原(環3、智辯和歌山)、北村(商3、丸亀)の連続四球、代走にはそれぞれ快足の梅野(環3、福岡大大濠)、照屋(環1、沖縄尚学)が起用され、無死一,二塁とするが、佐藤旭(商4、慶應義塾、写真)はレフトライナー、山本泰が三塁併殺打となりゲームセット。春秋連覇の可能性は潰えた。

 

■慶早第二回戦(11/3)

早 010 001 002 4

慶 300 100 01X 5

(早)●大竹、竹内、有原ー土屋

(慶)○三宮、明、加藤拓ー小笠原

 

先発は三宮(商3、慶應義塾)。初回、先頭に四球を許すも、一死後に連続三振に仕留め、無失点で切り抜けた。その裏、佐藤旭のライト前ヒット、山本泰の二塁打、谷田の死球で無死満塁とすると、4番・横尾がサードを強襲する適時打を放ち、先制に成功。続く藤本知の一塁へのファールフライで山本泰がタッチアップ。さらに1死二、三塁で竹内惇(商4、慶應義塾)のライトフライで谷田がタッチアップ。これもセーフとなり、足を絡めた攻撃で3点を奪う。

直後の2回表、1死二塁から適時打を許すが、打線は4回裏、先頭の小笠原が四球を選ぶと、1死二塁から佐藤旭が左中間への適時三塁打で貴重な追加点を挙げる。三宮は6回表に1失点するも粘りの投球で7回2/3、2失点でマウンドを明(政4、慶應義塾)に託す。2死二塁というピンチで引き継いだ明は見事にこの回を切り抜けた。

8回裏には、竹内惇が内野安打で出塁すると、代走に梅野(環3)を送り、続く齋藤の打席で盗塁成功。1死後、続く小笠原がヒットを放つと二塁走者の梅野が一気にホームイン。貴重な5点目となる適時打となった。

9回表、明が四球と二塁打でピンチを作り、加藤拓をマウンドへ送りこむも、暴投と内野ゴロで2点を返され、わずかに点差は1点。しかし、二死後、空振り三振に仕留め、勝利を手にした。

 

■慶早第三回戦(11/4)

慶 000 000 000 0

早 011 042 10X 9

(慶)●加嶋、佐伯、亀井、明、加藤拓、三宮ー小笠原

(早)○竹内、黄本、安達公、鈴木健ー土屋、梶矢

 

今年のラストゲームは今季初先発の加嶋(商3、慶應志木)が起用された。その加嶋は初回、安打と盗塁で1死二、三塁のピンチを招くも、ライトフライ、セカンドゴロで切り抜ける。しかし続く2回裏、適時二塁打を浴び先制を許してしまう。加嶋は打席が回ってきたところで交代。代打として送られたのは副将・藤井(環4、郡山)。彼の最終打席はサードゴロに終わった。

3回裏、加嶋の後は佐伯(商4、慶應義塾)が登板するも、3本のヒットで1点を失って1死しか取れずに降板。1死満塁の状況で登板した亀井(商1、慶應義塾)は強気の投球でこのピンチを切り抜ける。その亀井は5回裏、3連打を浴びて失点し、マウンドを明に託す。しかし、その明も3連打を浴び、この回4失点。打線は6回までにヒット3本のみに抑えられてしまう。さらに6回裏から登板した加藤拓は先頭打者にホームランを浴びるなど2失点。7回裏には三宮が適時二塁打を放たれ、この試合9失点目を喫する。

何とか意地を見せたい打線は7回裏、谷田、竹内惇のヒットで2死一、三塁のチャンスを作るも、代打・北村が三振に倒れてしまう。8回裏にも佐藤旭、山本泰の連打で2死二、三塁とするも、谷田がセカンドゴロに倒れまたもチャンスを逸する。最終回は横尾、藤本知、竹内惇が簡単に倒れ試合終了。今年ラストゲームを勝利で飾ることはできなかった。

 

これで東京六大学野球秋季リーグ戦は全日程を終了し、塾野球部は優勝争いを演じながらも4位という成績に終わりました。また、應援指導部の幹部はこれで神宮を去ることになります。4年間の神宮球場での応援、お疲れさまでした。来春入学の1年生を加え、来年こそ春秋連覇を果たすべく塾野球部、應援指導部の活躍を祈念しております。

 


Leave a Comment