自尊通信 第69号番外編

こんにちは。H15C卒の大森です。
自尊通信の発行を担当させていただいております。
皆さん、今号の自尊通信はお手元に届きましたでしょうか?

『デキゴトロジー 会員の近況報告』に登場いただいたH23L卒の喜納くんからの原稿には、掲載し切れなかったおまけがありました。
番外編としてこちらでご紹介させていただきます。

———————————————-
だるま「だーるまさんが転んだ」の『だるま』はどこから来たのかご存知でしょうか??
わかった人はインドで即戦力間違いなし!今すぐインドで働けます(笑)
正解はズバリKancheepuram(南インド、タミナール・ドゥ州の州都チェンナイから車で2時間の所)。
だるまのモデルとなった人物は菩提達磨(ボディダルマ)という人物で、中国で活躍した仏僧です。
ここチェンナイでは、悟りを啓き医学・武術に長け、疫病で苦しむ中国の人々を救った人として、また、日本では禅僧の祖師としても有名です。
中国においてはカンフーを初めとした武術を広めた人物としても知られており、
空手(中国武術の影響を受け、かつては唐手とも呼んだ)の発祥地、沖縄出身である私としては、
チェンナイと沖縄が繋がったエピソードでもありました。
(沖縄のお菓子「サーターアンダギー」もまったく同じ形と味で売ってます!)


1 Response to "自尊通信 第69号番外編"

  • 匿名 says:
Leave a Comment