連合三田会の朝は早い。

                          浜田(55政L)
今年の会務委員会当番である55野口・55浜田に加えて、2つ下の岡田君が6:30に記念館中庭に集合して、中庭の場所とり、幟設置、雨天に備えてのレジャーシート準備などを行なう。
53野田さんにはドリンク類運搬のために、マイカーを出していただく。毎年のご協力に、後輩一同、深謝。

renngou1.jpghiyoshi1016kanji.jpg

雨足が強くなるなかで、中庭での懇親を断念し、塾高校舎319教室に場所を移動する。55野口・56金井君・57岡田君・59加藤君が懇親の接待役を務める。会費を集め、ビール、ウイスキー、焼酎のサービスを行なう。
シーバス・リーガルなどは、31福田さん(名誉会長)に差し入れしていただいた。どーも、ごっつあんでした。

雨足が弱まり、中庭に場所を移し、年に1度の社中協力の祭典を楽しむ。
早稲田大学応援部OBもお越しになり、会話の輪が広がる。午後より合流した55佐々木も接待役を務める。
吹奏楽団の女子部員2名がスタンバイし、12/10(土)定期演奏会のチケット販売を行なう。諸先輩のご協力により、かなりの枚数が捌けた様子だ。
すべての撤収を終え、部室に器材を運び、終了。あとは、日吉の街に出て、たのしい反省会。
連合三田会の夜は長い。ビール、焼酎を飲み、喧喧諤諤の話が尽きない。
店の外に出ると、連合三田会当番の、昭和60年組の
リーダー・バンド・バトン(当時はチアではなかった)に遭遇する。
「これはこれは、応援部三田会のお歴々」と囃され、しばし言葉をかわし、解散。お疲れさまでした。
来年も、また日吉で会いましょう。


Leave a Comment